大阪 梅田 下半身痩せ パーソナルトレーニング ダイエット

脚痩せダイエット専門パーソナルトレーニングジムwt【梅田・中崎町・扇町】

生きていくのに糖は必要なのです!糖について知ろう!

読了までの目安時間:約 2分

 

・炭水化物

糖質と食物繊維を合わせたもの

ご飯やパン、野菜、果物、お菓子など

食物繊維は炭水化物。

炭水化物で消化できないのは

食物繊維って呼びます。

食物繊維は消化できない。

・糖質

これもいろいろとあります。

糖が1個のもの

いっぱい繋がっているものまで。

1個の糖

単糖類

2個の糖

二糖類

こららをまとめて

糖類って呼ぶことも。

10個ぐらいのものを

オリゴ糖って呼ぶ。

どのような糖質も

カラダの中に入る為には

消化して1個の糖にしないと

とりこめないのです。

・単糖類

これもいろいろとあるが

よく言われるのが

ブドウ糖、果糖、ガラクトース

その中で唯一ないと生きていけない糖が

ブドウ糖!

脳のガソリンとして無くてはならない。

食事が摂れていないとき

点滴する主成分はブドウ糖

血液検査の血糖値は

ブドウ糖を調べていますよね。

ブドウ糖は大切。

糖質制限っていうても

なんでもかんでも制限するのはよくない。

不要なものは食べず。

必要なものをとることからはじめましょう!

するとダイエットもうまくいきますよ。

 

タグ : 

食事    コメント:0

炭水化物・糖質・糖類を知ろう!

読了までの目安時間:約 2分

 

炭水化物と糖質と糖類の違い

炭水化物は糖質+食物繊維

糖質は多糖類+糖アルコール+その他

糖類は単糖類+二糖類

炭水化物とは

糖質と食物繊維で構成されたものです。

私たち普段の食事は、ほとんどこの形で摂取をしています。

野菜は炭水化物に含まれます。

糖質とは

炭水化物から食物繊維を引いたもの。

糖質は、多糖類・糖アルコール・その他(天然甘味料など)に分かれます。

多糖類には、でんぷんやオリゴ糖、デキストリンなどがあります。
糖アルコールには、キシリトールやエリスリトール、ソルビトールなど。
その他には、ステビアなどの天然甘味料があります。

糖類とは

糖類は、単糖類糖と二糖類の総称になります。

単糖類には、ブドウ糖(グルコース)、果糖(フルクトース)、ガラクトース

二糖類には、砂糖(ショ糖)・乳糖・麦芽糖があり、それぞれは以下の単糖類の組み合わせになります。

砂糖・ショ糖(スクロース)=ブドウ糖(グルコース)+果糖(フルクトース)
乳糖(ラクトース)=ブドウ糖(グルコース)+ガラクトース
麦芽糖(マルトース)=ブドウ糖(グルコース)+ブドウ糖(グルコース)

最小単位の単糖に分解されないと身体には吸収されません。

 

タグ :  

ダイエット・食事 食事 その他    コメント:0

糖質制限などが流行っている理由

読了までの目安時間:約 1分

 

なぜ流行っているのか?

では、なぜ炭水化物を控えるダイエットが流行っているのでしょうか?

それは、糖質を過剰に摂取している人が多いから。

糖質はエネルギー源になる重要な栄養素ですが、必要量を越えれば中性脂肪です。

体脂肪率が昔よりも上がってきているのは、糖質の過剰摂取です。

過剰摂取とは言っても、適量よりも多いだけです。

そのため、「炭水化物を減らしましょう!」って話になっているだけです。

ただ、糖質はエネルギー源になるだけでなく、身体をつくるということにも重要な役割をします。

なので、過剰に控えるのは、NGです!

 

タグ :  

ダイエット思考 ダイエット    コメント:0

現代は炭水化物マジックである 大阪・心斎橋・なんば パーソナルトレーニング

読了までの目安時間:約 4分

 

大阪の心斎橋・なんばで活動している

 

脚痩せ・ヒップアップボディメイク専門

 

パーソナルトレーナー冨田雅也

 

 

特に現代は炭水化物のマジックに引っかかる人が多いですね。

 

 

炭水化物を抜いたら、3日で2kgも減ったと喜び

 

また食べればすぐに元に戻るのが現実。

 

 

 

それはなぜか?

 

 

 

ただの水分の変動という炭水化物マジックに過ぎません。

 

決してウエスト周りなどの体脂肪率が増減した訳ではないですよ。

 

 

炭水化物と水分を一緒に考えてみてください。

 

 

炭水化物1gに対して3倍の水分を吸収します。

 

炭水化物を摂れば摂るだけ体重は増えていき、摂らなければ体重は減る!

 

 

でも、これは水分の変動であり体脂肪が増減しているわけではありませんよ。

 

 

分かりやすく説明すると

 

米を想像してみて下さい。

 

 

炊く前は、ほんのわずかな量なのに出来上がると

 

水分を吸収して何倍にも膨れ上がりますよね。

 

 

これと同じようなことがカラダの中で起こっているのです。

 

 

炭水化物と水分はセットで、筋肉や肝臓という場所にストックされているのです。

 

 

炭水化物を抜くことがダイエットに良いのか悪いのかはここで言いませんが

 

すぐに変動する体重の正体は、水分量の変動によるものだと理解して欲しい。

 

 

 

また女性は、月経サイクルがありますのでこれまた体内の水分量の変動によって体重は変動するのです。

 

これも体脂肪の増減ではない!

 

あまり神経質になる必要はありませんよ。

 

 

 

 

私がお伝えしたいのは

 

せっかく綺麗になろうと決意したのに

 

友達や家族、彼氏にも約束して仕事や家事、育児で忙しい中ジムに通い

 

食事にも気を配って、一生懸命頑張ろうとする自分がいるのでしょう。

 

なのに、一時的な体重の増減が水分によるものに気づかず体重計の数値に振り回される。

 

ダイエットを諦めてしまい、せっかくの健康なライフスタイルから遠ざかるのはもったいないですよ。

 

 

 

よく変動する体重なんてあまり気にする必要なんてない。

 

たまには安心して食事を楽しんでごらん。

 

 

 

脚痩せ・ヒップアップボディメイク専門

 

パーソナルトレーナー冨田雅也

 

 

 

タグ :  

ダイエット思考 ダイエット    コメント:0

運動しているのに、炭水化物を食べていないのにカラダが変わらない理由

読了までの目安時間:約 2分

 

大阪の心斎橋・なんばで活動しているパーソナルトレーナー冨田です。

 

 

 

夏まで近づいてきましたね。

 

 

あなたは人前で脱げるカラダはできていますか?

 

 

できていないのであれば、急いでカラダをつくらないといけないと思っていませんか。

 

 

筋トレしても、有酸素運動しても、ヨガしても

 

食事は炭水化物を抜いているのに痩せません。

 

 

全てその原因は、あなたの食事が原因でしょう。

 

 

食事の栄養不足からかもしれません。

 

 

 

カラダをつくろうとしているのに、カラダをただ壊しているだけなのです。

 

 

 

運動も食事も自分に合ったことをしないといけません。

 

 

痩せるためには運動量を上げて、炭水化物を減らせば痩せるといったことでもありませんよ。

 

タグ :   

食事    コメント:0