大阪 梅田 下半身痩せ パーソナルトレーニング ダイエット

脚の悩み専門パーソナルトレーニングwisdom梅田【大阪】

ダイエットの最大の壁である停滞期

読了までの目安時間:約 3分

 

大阪の心斎橋・なんばで活動しているパーソナルトレーナー冨田です。

 

 

前回、ダイエットの壁は停滞期ですよとお話しました。

 

 

正しいダイエットをしていると、あなたでも誰でも停滞期を経験します。

それは人間の命、自分の命を守る機能に原因があります。

 

 

その機能とは、ホメオスタシスです。

 

 

日本では恒常性と聞いたことはあるのではないでしょうか?

 

 

 

恒常性とは、カラダの変化に対してカラダの内部状態をなるべく一定に保とうとされる機能です。

 

 

この機能は、人間が暑いときに汗をかき体温を下げます。

寒いときは、身震いをして体温を上げます。

 

 

それでは、ダイエットで急激に減量すると、カラダの恒常性機能はどうなると思いますか?

 

 

 

飢餓などの生命危機と勘違いしてしまいます。

なるべく栄養分蓄えようとします。

 

 

そうなってしまうと体重や体脂肪の低下は止まってしまいます。

 

むしろ同じ量の食事をしたとしても、今まで以上エネルギーを蓄積することで、太りやすくなります。

 

 

 

なかなか痩せない停滞期で、ダイエットを途中で諦めてしまうと

リバウンドしてしまうのは、これらの理由でもあります。

 

 

ダイエット成功した方は、おそらくこの恒常性の存在を知っているからでしょう。

 

 

停滞期に入るタイミング

恒常性の機能が働くタイミングは人それぞれです。

 

 

目安ですが、2~3kgは簡単にいつも減るのではないでしょうか?

そこから先に進まないのは停滞期を迎えているからでしょう。

 

 

この停滞期の知識があれば、焦らずにダイエットを続けられます。

 

恒常性の機能を解除するとまた体重は減りますよ。

 

 

 

キレイなボディラインを実現する

パーソナルトレーナー冨田雅也

 

タグ :   

ダイエット    コメント:0

ダイエット停滞期を乗り越えるのに重要なこと

読了までの目安時間:約 5分

 

大阪の心斎橋・なんばで活動しているパーソナルトレーナーの冨田です。

 

 

ダイエットを失敗してしまう人の多くは、何だと思います?

 

 

あなたはダイエットの失敗経験はありますか?

 

 

 

ダイエットには停滞期があります。

 

 

 

これを知って理解しているか、していないかでは大きな差があります。

 

 

知らない人は、この停滞期でダイエットをすぐに諦めてしまうでしょう。

 

 

正しく知って理解していれば、恐ることはないです。

 

 

しかし、停滞期を正しく知って付き合わないといけません。

 

 

付き合わないと、ダイエット成功は不可能です。

 

 

 

 

 

では、ダイエットの最大の壁は何だと思いますか?

 

 

 

 

甘いものなどの食事?

 

 

それとも運動?

 

 

 

食事でも運動でもありません!

 

 

 

あなたは運動が足りなかったから

食事制限が甘かったからではありませんよね?

 

 

 

 

あなたが、ダイエットを成功できなかったのは

ダイエットに対する「知識」が足りななかったからです。

 

 

そのため、今回ダイエットの停滞期について話しますね。

 

 

 

ダイエットの停滞期とは

順調に体重が減っていたのに、急に体重が減らなくなる。

 

 

頑張ってダイエットしているのに、このような停滞期に入り

停滞期のことを理解していないと「これ以上痩せない」と諦めてしまいたくなりますよね。

 

 

 

ダイエット頑張っているのに、体重が減らなくなると辛いですよね。

 

 

 

けど、ダイエットに対する知識が足りないこそ

あなたはダイエットを成功できなかったかもしれませんね。

 

 

 

知識がない人は、だいたい停滞期でダイエットを諦めてしまいます。

そして結果リバウンドです。

 

 

 

しかし、諦める必要はないです!

 

 

 

 

体重が減り続け、停滞期に入ることは正しいことです。

 

 

 

では、なぜ停滞期に入ってしまうのかは次回にお話ししますね。

 

 

 

 

キレイなボディラインを実現する

パーソナルトレーナー冨田雅也

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タグ :   

ダイエット    コメント:0