大阪 梅田 下半身痩せ パーソナルトレーニング ダイエット

脚痩せダイエット専門パーソナルトレーニングジムwt【梅田・中崎町・扇町】

肉と卵はダイエットの味方なんです

読了までの目安時間:約 3分

 

パーソナルトレーナー冨田です。

みなさん肉と卵は毎食食べていますか?毎食ですよ!

女性は低カロリーな食事してる人も多く、ちっとも痩せないとぼやいていませんか?

痩せないとぼやいている人の多くは、肉と卵を味方にしていません。

毎日タマゴ5個食べましょう!

肉と卵はたんぱく質が豊富です。

カラダの構成材料になる重要な栄養素です。

不足しがちなたんぱく質を卵で補いましょう。

まずは3個からでもいいのではじめていきましょう。

ゆで卵でも目玉焼きでも、なんでもいいですよ。

料理の中に工夫してもらうと、上手く付き合えそうですね。

 

 

ベジタリアンの人、菜食主義の人は痩せている印象がもしかしたら多いかも知れませんが、それはその人らが栄養全体に気をつけているからであって、肉食が太ってしまう根拠にはなりませんよね。

 

野菜だけでは筋肉落ちてしまいますよ。

野菜中心に痩せたとしても、それは体脂肪が落ちたのではなく、筋肉が落ちたから・・・・。

これはおすすめしません!

 

肉でもできるだけ、ヒレ、ロース、もも肉などの赤身の多い部位を選んでください。

肉の目安量は1食あたり手のひら1枚分の量です。

女性は重さでいうと、100g前後ぐらいでしょう。

 

卵の食べ過ぎでコレステロールが上がるのはウソです。

コレステロールは体内で常に合成されているので、食べ物から摂るコレステロールは気にすることはないです。

コレステロールが高い人が栄養価の高い卵を1日3つ食べたところ、むしろコレステロール値が通常になったという研究データもあります。

 

卵1個に約6gたんぱく質が含まれているので、1日に5個食べても合計で30gですので全く問題ないです。

1日に体重50kgの人は最低50gは必要です。

なので、卵はダイエットの常備食として!

 

 

タグ :  

ダイエット    コメント:0

痩せたいなら体重1kgあたり1gのたんぱく質は摂ろう

読了までの目安時間:約 2分

 

パーソナルトレーナー冨田です。

外食や家での食事、不足しがちなたんぱく質をどのように摂るかということが大事です。

食べる選択優先順位はたんぱく質を確保

たんぱく質はカラダのほぼすべての大事な構成材料です。

体重が減っても全て体脂肪が落ちたというわけにはなかなかいきません。

気を付けても、筋肉はわずかに落ちてしまいます。

もし「運動なしで食事だけ」でダイエットしようとするならば、運動でまず筋肉を増やすことができないので

尚更、たんぱく質は大事になってくるでしょう。

 

たんぱく質は炭水化物や脂質に比べて、圧倒的に体脂肪になりにくいです。

なぜなら、カラダの構成材料であるため優先順位が高いためである。

また食事のときに消費するエネルギー「食事誘発性体熱生産」が他の栄養素、炭水化物や脂質と比べて3倍近くあるからです。

 

ただし、どんな栄養素でも摂り過ぎると体脂肪になることは確かです。

運動なしの人は、運動量が少ないので炭水化物を必要以上に摂らないように気をつけないといけません。

また、痩せたいと思っている人ほど簡単に必要量を超える人がほとんどではないでしょうか?

 

たんぱく質は肉、魚、卵、大豆などに多く入っています。

一日に最低体重50kgの人は50gはたんぱく質を摂取しましょう。

運動している人は1.5~2倍を摂るようにしてみてください。

 

 

 

タグ : 

ダイエット    コメント:0