大阪 梅田 下半身痩せ パーソナルトレーニング ダイエット

脚の悩み専門パーソナルトレーニングwisdom梅田【大阪】

大阪のパーソナルトレーナーが言う「ダイエットは辞めろ!」

読了までの目安時間:約 4分

 

大阪の梅田で活動している

脚の悩み専門パーソナルトレーニングwisdom

代表 冨田です。

 

カラダの専門家が言います!

ダイエットは辞めろ!

 

ダイエットとなると

みなさんがすることは

食事を減らす

糖質を減らす

食べることを制限するですよね。

 

ダイエットしていたのに糖質とったら太った?

やはり糖質は太るのか?

糖質をとるとお腹周りが

太ってきたような。

気がする・・・

 

お答えします!

 

糖質を必要以上に摂取すると

糖質で脂肪は増えます。

 

ただ糖質(ブドウ糖)だけで太るのは

ほんとに稀にはなります。

 

というのも

脳だけでも1日に

120gのブドウ糖を消費します。

 

また、他には筋肉や肝臓と

合わせても500gほど糖質が貯蔵されるのです。

 

それでも使いきれなかった糖質は

脂肪として蓄えられるようになります。

 

つまり

それだけ糖質をとる人はあまりいないはずです。

運動バリバリしている

アスリートとかじゃないと。

これぐらい糖質はとりませんよね。

 

なぜ糖質で太ったか?

考えられることが一つ。

それは

今まで糖質を摂取してなかった方。

一時的に増えるケースもあります。

 

そりゃ、必要な栄養素をとってなかったのですから。

摂取すると増えますよね。

 

 

人間はブドウ糖を

エネルギーとして使います。

 

このエネルギーが不足していると

中性脂肪をエネルギーとして使います。

 

そのため血中に中性脂肪が溢れている状態なのです。

 

その状態では糖質を摂取すると

血液中の中性脂肪を脂肪酸として取り込むため

体脂肪として増加したと考えれます。

 

ダイエットは辞めろ!

人間の身体は賢いです。

一番正直な身体なので

甘いもの食べていると

血液中には

中性脂肪が多くなる傾向に

ブドウ糖が不足します。

甘いもの食べて

ご飯などは食べないため。

 

 

そして

ダイエットしている方に多いのが

お米を食べない!

なので

甘いもの食べたりすると

悪循環がいつまでも

続きます。

 

 

対処方法

こうなってしまったなら

糖質を摂取して

一時的に脂肪は増えるということを

理解して行わなければなりません。

 

でなけれなば、いつまでたっても

ずっと脂肪は減らない。

 

全然食べてないのい太る。

 

食べていないのに痩せない。

 

ってことが起こり続けます。

 

間違えた思考に気づき

正しい思考に変えましょう。

 

甘いものはやめる

変なダイエットの考えをやめる

 

甘いものを食べれないぐらい

ご飯を食べましょう!

 

ほんとこれ大事なんです。

 

お客様にも

甘いもの辞めれないぐらいひどい人は

甘いもの食べれないまで

ご飯を食べてもらっていました。

結果

15kg以上痩せました。

 

 

ご飯はどれだけ食べても

みなさんが思っている以上に

太りません。

 

お客様にも

毎日2合は食べてくださいというたりします。

 

なので

 

ダイエットをするという考えは

辞めましょう!

 

ダイエットすればするほど

素人は失敗します。

 

健康になる食事しようなどと考えましょう!

 

みんなのダイエットするはマイナスの思考があるから

失敗する。

 

 

 

ダイエットのご相談

健康のご相談は

こちらへ

 

タグ :    

その他    コメント:0

ご飯は角砂糖〇〇個分?

読了までの目安時間:約 3分

 

ご飯の糖質を角砂糖に換算するのは間違いです!

【ご飯の糖質を角砂糖に換算してはいけない理由】

ご飯(お米)の主な糖質は、でんぷんです。

でんぷんは、だ液に含まれている消化酵素(アミラーゼ)によって、麦芽糖に分解されます。

だ液で麦芽糖になりきれなかったでんぷんは、十二指腸ですい液の働きによって、完全に麦芽糖になります。

麦芽糖が小腸にたどりつくと、小腸から出ている消化酵素(マルターゼ)によって、ブドウ糖に分解されます。

ブドウ糖になってようやく、身体に吸収できるようになります。

ブドウ糖は、小腸にある毛細血管から吸収されて肝臓に運ばれます。

ブドウ糖の一部は、肝臓でグリコーゲンに形をかえてたくわえられます。

残りは身体全体に送られて、身体を動かすためのエネルギーになったりします。

分解されると糖類の種類が違います。

でんぷんは分解されると麦芽糖になります。

麦芽糖は以下の2つの単糖類がくっついた二糖類になります。

麦芽糖(マルトース)=ブドウ糖(グルコース)+ブドウ糖(グルコース)

一方、角砂糖は以下の2つの単糖類がくっついた二糖類になります。

砂糖・ショ糖(スクロース)=ブドウ糖(グルコース)+果糖(フルクトース)

この時点で、構成している糖類の種類が違います。

ブドウ糖と果糖では、身体の中での働きが違います。

「ブドウ糖を摂った人に比べて、果糖を摂った人は太りやすい」というデータもあります。

消化吸収の時間や血糖値の上昇も違います。

このことからもご飯と角砂糖は比較するのは違うことはお分りですね。

ご飯を1杯食べると角砂糖〇〇個食べることとは全く違います。

糖質だからと言って、全てをまとめて考えないように。

糖質の量が同じと言っても、ご飯と角砂糖は比較できないことがお分かりいただけましたでしょうか。

糖質は1g4kcalなので、どれも同じように感じてしまいますが、細かく見ると違いがあります。

多量の砂糖などが入っているジュースやお菓子は、糖質を角砂糖で換算することが出来るのですが、ご飯の糖質を単純に角砂糖に換算する事は出来ないです。

「ご飯が悪い!」と控えて、ジュースやお菓子を食べているなら、もう一度食生活を見なおしてみてください。

お米を食べ始めるだけで、体重が落ち始める人もいてます。

お米はしっかりと食べて、余分な糖質はカットする事が、ダイエットでは重要です。

 

タグ :   

ダイエット思考 食事 思考    コメント:0

私の指導ではご飯をしっかり食べて体重コントロール 大阪・心斎橋・なんば パーソナルトレーニング

読了までの目安時間:約 4分

 

私のクライアント様は毎週トレーニングしに来られます。 

 

 

 

 

そのクライアント様の中に毎週 

 

 

 

 

少しずつ少しずつ体重を落としてくる方がいます。 

 

 

 

時には停滞することもありますが 

誤差ですね。

 

 

 

 

私のアドバイス通りに毎日頑張っています。 

 

少しずつの積み重ねで 

 

この方は3ヶ月で4kg体重が減りました。 

 

 

 

もちろん体脂肪率も減りました。 

 

 

お酒が大好きみたいで 

 

お酒はやめられないってことで 

 

禁止にしていません。 

 

 

 

 

食事はしっかりご飯を食べてもらっています。 

 

 

 

今まで無理だった40kg台に! 

 

 

3ヶ月で4kgって聞くと 

 

どうですか? 「凄い」って思う人もいれば 

 

 

ライザプの影響でか、そんなの普通でしょうと思う方もいるとは思います。 

 

 

 

ただ、お酒もご飯もとってもらっているのです。 

 

ライザプだと両方ダメですもんね。 

 

 

 

この方の努力は 

 

 

1日の単位で刻むと地味で疑うこともあるかもしれない。 

 

 

 

 

 

でも、私のことを信じ続けると 

 

 

三ヶ月後には-4kgです。 

 

 

 

 

数値以上に見た目の変化が大きく出ます。 

 

金メダルが4年間の日々努力の積み重ねであるように 

 

目に見えないぐらい地味な努力だけが 

 

目に見える成果をもたらしてくれる。 

 

そういう積み上がっていくのを見るのが私は好きです。

 

 

 

 

 

脚痩せ・ヒップアップボディメイク専門 

パーソナルトレーナー冨田雅也

 

タグ :   

パーソナルトレーニング ボディメイク ダイエット思考 ダイエット・食事 ダイエット 食事    コメント:0