下半身

脚の悩み専門パーソナルトレーニングwisdom梅田【大阪】

下半身ダイエットには正しい姿勢が欠かせない?正しく○○が使えないと意味がない?

読了までの目安時間:約 9分

 

大阪の心斎橋・なんばで活動しているパーソナルトレーナー冨田です。

 

 

 

普段から、正しい(美しい)姿勢作りを心掛けていますか?

 

 

 

 

下半身を細くしていきたいのであれば、絶対に欠かせない要素です。

 

 

 

 

正しい姿勢は欠かせません。

 

 

 

 

正しい姿勢作りを普段から意識することで、筋肉が正しく使われるようになります。

 

 

 

結果、筋肉が着実に引き締まり、キレイな張りのある筋肉(キレイなボディ)になります。

 

 

 

 

また、美しい姿勢を作るのに大切のところはどこだと思いますか?

 

 

 

 

 

どこも大切ですが、下半身痩せを求める人には骨盤の安定化がとても重要です。

 

 

 

これは骨盤と繋がっている背骨・股関節にも大きく関係します。

 

 

 

 

骨盤が不安定だと、背骨・股関節も当然、不安定になることになります。

 

 

 

 

結果、カラダ全体が安定していない状態になってしまうのです。

 

 

 

 

 

不安定な状態ですと、脚の筋肉もアンバランスに使われてしまいます。

 

 

 

 

そのため、すごく発達してしまう筋肉と発達しない筋肉が出てきます。

 

 

 

 

 

特にこれらの現象が出てきやすい部位があります。

 

 

 

 

あなたは分かりますか?

 

 

 

 

あなたの悩んでる部位かも知れませんね。

 

 

 

お尻・内もも・裏ももです。

 

 

 

 

この3つの筋肉は、発達しやすいところ、発達しにくいところが出てきやすいです。

 

 

 

特に女性は大きく出やすいですね。

 

 

 

 

 

 

これらを防ぐためにも、美しい姿勢を作る必要がありますよね。

 

 

 

 

普段から正しい筋肉と関節を使うようにする必要があります。

 

 

 

 

下半身ダイエットをする上では、欠かせません。

 

 

 

正しく関節を動かせるようにすること、正しく筋肉へ刺激が入っていることが分かるようにすることが大事です。

 

 

 

 

あなたは正しく筋肉と関節を動かせていますか?

 

 

 

 

トレーニングでよく抜けてしまうことは、トレーニングすれば下半身が痩せるという勘違いです。

 

 

 

 

 

下半身痩せに大切なのは、自分でどこの筋肉・関節を使っているのかを理解し、トレーニングを行うことですよ。

 

 

 

 

 

トレーニングでここが抜けてしまうと、ただトレーニングだけを実践しただけになります。

 

 

 

 

 

このままでは、なかなか成果は表れないでしょう。

 

 

 

 

あなたはどうですか?

 

 

 

 

 

 

正しく筋肉・関節が使えれば、下半身痩せは可能です。

 

 

 

成功しますよ。

 

 

 

 

 

 

 

トレーニングだけに限らず、日常生活の動作でも正しく筋肉・関節が使えているかが大切です。

 

 

 

 

 

これも、できたら確実に成功するのですが、ほとんどの人が出来ていないのが現状なのです。

 

 

 

 

 

この日常生活の動作は、立ち姿勢・歩き姿勢のことを指しています。

 

 

 

 

 

ポイントは

 

 

正しい(美しい)姿勢

 

正しく筋肉・関節を使う

 

日常生活動作でも正しく使う

 

 

 

 

これらの3つです。

 

 

 

 

 

そして必要となる筋肉は、骨盤の安定化

 

 

それにかかわる筋肉でもある

 

 

お腹の筋肉

 

お尻の筋肉

 

内ももの筋肉

 

 

これらの筋肉を正しく使えるようになりましょう。

 

 

 

 

 

 

あなたは正しく使えていますか?

 

 

 

 

正しく使えていなるのであれば、すぐにでも修正しないといけませんね。

 

 

 

 

 

 

 

よりキレイなボディになりたいを実現させる

パーソナルトレーナー冨田雅也

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タグ :  

ボディメイク    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: