大阪 梅田 下半身痩せ パーソナルトレーニング ダイエット

脚の悩み専門パーソナルトレーニングwisdom梅田【大阪】

太らない食生活と運動しているのに痩せない。もしかして○○に関係が? 大阪 ダイエット

読了までの目安時間:約 2分

 

甘いもの

お菓子やスイーツ

お酒や甘い飲料

食べたり飲んでいないのに

なかなかお腹の贅肉が落ちない...

 

もしかして

内臓が弱っているのかも。

 

内臓が弱っていると

内臓を守るために脂肪がつきます。

 

脂肪の役割の一つ

身体を守るためにあります。

 

トレーニングを頑張っているのに

お腹の脂肪が減らない

そう悩んでいるのなら

内臓が弱ってるかも。

 

それも原因の一つ

 

内臓が元気になれば

体を守る必要がなくなるため

脂肪は減りやすくなります。

 

内臓を元気にさせるためにも

しっかりと栄養を摂取する必要があります。

 

では、どんな栄養が必要なのか

また次回で♪

 

パーソナルトレーニング ボディメイク ダイエット思考 ダイエット・食事 ダイエット 食事 思考 生理学    コメント:0

脂肪(脂質)が悪者になっている世の中 大阪 下半身 ダイエット 美脚美尻

読了までの目安時間:約 2分

 

脂質も大事な栄養素です。

 

脂質が足りないと身体に悪影響のサインがでます。

 

脂質はコレステロールの材料。

 

コレステロールから

女性ホルモンや抗ストレスホルモンが作られます。

 

脂質をあまり摂らない食事や

脂質カットしていると

生理周期の乱れや生理痛が酷くなるなど悪影響です。

 

ストレスに対抗する力も落ちていきます。

 

いつもイライラしていたり

精神的に不安定になってしまいます。

 

脂肪(脂質)は五大栄養素のひとつ。

 

多くの方は、脂肪の取りすぎで太っているのではありません。

 

甘いお菓子、スイーツ、果物、甘い飲料、お酒で太るのですよ。

 

毎日油をカットした食生活でも

毎日甘いものを食べていると

確実に太ります。

 

脂肪(脂質)は悪者ではありません。

 

ダイエット中でも

唐揚げなどいただいて大丈夫です。

 

食事 思考 美容 健康 生理学    コメント:0

ダイエットしてても脂肪(脂質)食べてもOK! 大阪 下半身 お尻 ふくらはぎ

読了までの目安時間:約 4分

 

唐揚げや焼肉好きですか?

 

ダイエットしている人や

トレーニングしてる人などは

脂肪をとることは良くないことだと思われている方や理解してる人が大多数かと思います。

 

確かに

脂肪を食べると

脂肪がつくのは事実。

 

ですが

 

ただ基本的にはありえません。

 

脂肪を食べて太ることなんて

かなり難しいです。

 

どういった意味なのか。

 

脂肪(脂質)は大事なエネルギー源。

 

基礎代謝は知ってますよね?

 

基礎代謝は

人間が生命維持していくために必要なエネルギーで

内臓が働き続けるにも

エネルギーが必要です。

 

このエネルギーが基礎代謝です。

 

女性が1200カロリー

男性が1500カロリー

 

だいたい消費していると言われています。

 

消費量は

肝臓 27%

脳 19%

筋肉 18%

 

基礎代謝だけでも

結構なエネルギーを使っているのがわかりますね。

 

筋肉や脳でエネルギーを使うことは知っている方が多いかと思います。

 

肝臓でもたくさんのエネルギーを使ってます。

 

痩せたい方は

筋肉を増やすの他に

肝臓がちゃんと働くようにすることも大事です。

 

そして肝臓にむだな負担をかけすぎないことです。

 

アルコール飲みすぎとか。

 

基礎代謝では、身体に蓄えられている脂肪(脂質)がエネルギーです。

 

安静時でも

100gの脂肪をエネルギーとして使われます。

 

何もしてなくても

毎日100gずつ脂肪は減ることになります。

 

良く体を動かす人は

さらに100gエネルギー使います。

 

つまり

200g減る計算になります。

 

脂肪はカロリーで言うと

1グラム=9キロカロリー

なので

900g1800キロカロリー

消費しています。

 

 では

100200gの油を

毎日摂取し続けれますか?

 

脂肪を食べたら太るというのは

間違いではありません。

 

100200g以上の油を

摂取すると太るため。

 

ただ

100200gの脂肪を食べることができるのか?

サラダ油100gでも大変ですよね。

 

お肉でいうとで

お肉100gには

  6070

たんぱく質  1215

脂肪  1215

 

 

つまり

 

脂肪は約1215gということです。

 

100÷1215g=6.678.33

 

脂肪100g摂取するには

667g~833

 

お肉を食べる必要があります。

 

脂肪を食べたら

脂肪がつくことはほんと。

 

でも、脂肪を食べて太ることは難しいことがお分かりいただけましたね。

 

多くの方は

こんなに食べられないかと思います。

 

なので

 

ダイエットしている人も

気にすることはありません。

 

何か大会に出るようであれば必要ですが

そこまでストイックなダイエットを行っていないのであれば

おいしく唐揚げいただいても大丈夫です!

 

ダイエットの敵は

脂質ではありません。

 

食べても大丈夫なんです。

 

ダイエット思考 ダイエット・食事 ダイエット 食事 思考 美容 健康 生理学    コメント:0

ダイエットの専門家が言うエステは痩せるのか?実は・・・ 大阪 下半身痩せ

読了までの目安時間:約 2分

 

はじめから言います!

エステでは痩せない

これが答えです。

 

お客様にエステのスタッフがいるから聞きました。

 

脂肪を柔らかくして燃焼させる。

 

特殊な電磁波で燃やす。

 

これが理論みたいです。

 

揉みほぐして脂肪が燃焼するんだったら

人間は大変なことになるじゃないですか。笑

 

脂肪も大切な役割があるのだから。

 

脂肪を燃焼させるためには

解糖系、電子伝達系など

経なければなりません。

 

「エステに通って脚が細くなった」

「お腹の贅肉が減った」

 

という方もいるでしょう。

 

足が細くなった

お腹の贅肉が減ったのは

体内の水分(リンパ液)が移動しただけでしょう。

 

だって

 

エステの方は

施術のとき押すように揉み込むはずです。

 

実際、体脂肪や体重が落ちた方は

「食事を改善した!」

これが一番の理由ですね。

 

エステを批判するつもりはありません。

 

美容目的のエステとかはありだと思います。

 

ダイエット目的では

人間の体と根本が違いますからね。

 

パーソナルトレーニング 思考 その他    コメント:0

今の思考を変えなければ、体型は変わらない! 大阪 下半身痩せ トレーニング

読了までの目安時間:約 3分

 

トレーニングをして

 

結果が1ヶ月で出る人もいれば

 

3ヶ月ででる人もいます。

 

この差は

いろいろありますが。

 

栄養や予定の都合など

 

 

一番大事なのは

 

思考

 

これを変えることができるか。

 

例えば

 

炭水化物は

食べたら太る

 

だから

 

食べない。

 

という思考があれば

炭水化物を食べれないですよね。

 

炭水化物を食べない思考があります。

 

 

でも、

 

私の指導では

炭水化物はしっかり食べてもらいます。

 

食べないと、内臓がボロボロになるので。

 

 

体型が思ったように変わらない。

 

予想していたよりも

変化が遅いのは

どこか自己流になっているから

今までの思考を変えずにいるから。

 

結局は

毎日お酒を飲んでいたり

炭水化物を抜くことをしていたり。

 

今までの思考で

やっていては

今の結果

体型がつくられたのです。

 

体型を変えたいのであれば

今までの思考を変えることが

近道です。

 

その新しい思考を受け入れられるかどうか。

 

あなたの体型が変わるのか

同じままなのか。

 

決まると思います。

 

 

思考行動習慣結果

 

 

まずは思考を変えないと

さきに行動ばかりしても

思考が間違えれば

結果はでませんよね。

 

ダイエット思考 思考    コメント:0

喉のイガイガは早急に対処しよう 大阪 梅田 食事

読了までの目安時間:約 1分

 

喉のイガイガ

これを放っておくと、喉が唾も飲み込めないほど痛みが出てきます。

 

これがいわゆる

風邪ですね。

 

喉のイガイガのサインは

すぐに対処すること。

 

・ビタミンCを1時間ごとに3g

・ブドウ糖摂取

・たんぱく質摂取

 

ビタミンCとブドウ糖は特に

免疫系、白血球にて大量に使われます。

 

いつもより多めに摂取すること。

補ってあげることが大切です。

 

少しでもカラダの異変、サインを感じたら試して見てください。

 

思考 その他    コメント:0

世間的にはあぶらは敵!でも、体に必要な栄養素 大阪 食事 トレーニング

読了までの目安時間:約 2分

 

世間的には「あぶら」は敵扱いされています。

 

でも実は、カラダには必要な栄養素なのです。

 

中性脂肪・コレステロール・リン脂質

 

 中世脂肪は

多すぎるとあまり見た目としてはよくありませんが

しっかりと本来の働きを担ってくれています。

 

①エネルギーとして使われる

②断熱作用

③衝撃緩衝作用

 

①のエネルギーでは、

脂肪を蓄えていることで、

数日間、食事がとれなくても

体内で中性脂肪を分解して

 エネルギーを作ってくれます。

 

コレステロールも同じです!!!

 

善玉・悪玉と両方とも与えられた仕事があります。

 

善玉は体内の壊れた細胞の回収に働きがあり。

悪玉は栄養を細胞に届ける働きがある。

 

なので

 

善や悪

 

といかにも悪玉は悪者のような扱いを受けていますが、、、

誤解しています。

 

 卵などのコレステロールは健康によくないとか言われていますが

そんなことはありません。

 

卵などのコレステロールなんて

口から入り消化吸収すれば

タンパク質や脂質です。

 

脂質を悪者にしないでくださいね。

 

食事 思考 生理学    コメント:0

カロリーは考える必要のない理由 大阪 梅田 ダイエット 食事

読了までの目安時間:約 2分

 

カロリー制限は不要

 

カロリーは

爆発カロリー計測器と呼ばれる

実験装置に各種栄養素を投入

燃やしきるまでのエネルギー数を測定。

 

その数値をカロリーとしました。

 

ですが

栄養素を燃やしたエネルギーなのですが、

これは、体外での実験であります。

 

実際に人間は胃の中、火で燃やしてますでしょうか?

 

そーゆうことです、、、!

 

体内で100とかまであがり

食べ物を燃やしているのであれば

この理論は考えれますが、、、

 

そうではないですよね。

 

食べ物は、歯で飲み込めるように細かく分解し、唾液でも分解しますよね。

 

そして

 

胃では強力な胃酸で細かくします。

また、十二指腸でもさらに強アルカリで分解します。

 

人間は100℃まであがることはないですよね。

 

ぜったいに!

 

つまり

カロリーは関係ありません。

 

ダイエット思考 思考 その他    コメント:0

冬でも温める力がないと痩せない 大阪 梅田 ダイエット

読了までの目安時間:約 3分

 

冬の方が痩せやすい?

 

 こんなこと聞いたことありませんか?

 

 

冬の方が、気温と体温の差が大きいため

 カラダを温めるため

余計にエネルギーを消費すると。

 

なので

 

痩せやすくなると言われています。

 

確かに、、、そうですが、、、

 

でも、カラダを温めることができなかったらどうでしょう?

 

特に女性の方は、冷え性の方が多いですよね。

 

冷え性って

カラダを温めることできていないんですよね。

 

 

温かい飲み物を飲んでカラダを温めますか?

 着込んで温めます?

 カイロを貼って温めます?

 

これらに共通していること

カラダを温めてもらっているということ。

 

自分の力でカラダを温めていませんよね。

 

私が大事だと思っているのは

自分の力でカラダを温めるということ。

 

それができている人が

冬は痩せやすいと思います。

 

なぜ女性の方が冷え性の方が多いのか。

それは、女性の方が筋量と食事量が少ないからです。

 

筋トレは無理にする必要はありません。

一日の活動量を上げること。

 

筋肉は、活動量の多さや負荷に比例して増えますから

 

食事、炭水化物(主食)をしっかり食べる。

炭水化物をしっかり食べていないと

体温を上げることはできません。

 

つまり、よく食べてよくカラダを動かすということです。

 

体温が上がれば、痩せやすくなり。

免疫力も上がります。

 

ダイエット 食事 思考 生理学    コメント:0

酒飲まない。甘いもの食べないのに。痩せないのは・・・ 梅田 ダイエット トレーニング

読了までの目安時間:約 2分

 

痩せるために

運動や食事を頑張っているのだが...

 

なかなか痩せない。

 

昔はそれで痩せていたのに

なんで今は痩せないの?

 

内臓のことを考えたことありますか⁈

内臓の機能が低下していませんか。

 

内臓が疲れて

うまく働いていない。

 

あまり、お腹が空かない

便秘やむくみ

などはありませんか。

 

これらは、

内臓の機能が低下

してしまっています。

 

この状態は

女性に多いです。

 

 これらは

痩せにくく、太りやすい状態です。

 

基礎代謝の約60%

内臓です!

 

内臓が低下すると

食べ物の消化、吸収

代謝や排泄が悪くなります。

 

痩せるよりも、内臓の方が

生きてるうえで優先順位が高いです。

 

なので、内臓が活発に働くことは

健康にもダイエットでも大事です。

 

ダイエット思考 ダイエット 思考 生理学    コメント:0

1 2 3 21