大阪 梅田 下半身痩せ パーソナルトレーニング ダイエット

大阪脚の悩み専門パーソナルトレーニングカラダLab梅田

ダイエット成功する人がやっている5つの習慣【ダイエットの基礎】大阪梅田パーソナルトレーニング

読了までの目安時間:約 6分

 

 

 

【ダイエット5つの習慣】

こんにちは

パーソナルトレーナーの冨田です。

 

ダイエットにおいて大事な習慣。

 

 

すでに習慣されている方もいるとは思いますが。

 

 

いくつできているか確認してみて下さい。

 

 

5のうち達成が少ない人は、生活を見直すべきかもしれません。

もし、ダイエットがうまくいかない。

という悩みをお持ちの方は、5つの項目のうちいくつできているのか。

 

 

できていない項目があれば、実践して習慣化していきましょう。

 

 

一つ目

夕食が遅くならない。

 

 

みなさんすでに知ってることだと思います。

なぜ、夕食が遅くなってはいけないのか。

夕食後はホルモン的にも太りやすい影響は確かにあります。

他にも内臓は24時間働いてますが、夜遅くになると唾液の分泌は減ります。

時間により変化し、食事中は増えます。睡眠中は減少傾向にあり。

 

 

そして精神的な影響も受けます。

 

 

例えば

緊張すれば唾液の量は減少して口が渇いてきますし、酸っぱいものを目の前にしなくても想像するだけで唾液は出てきます。

 

 

唾液は消化作用もあります。

 

 

消化といえば、胃や腸のイメージがあると思いますが。

 

 

唾液の中には

βアミラーゼという酵素成分が入っています。

 

 

これはでんぷんを分解する作用がある消化液の一種。

 

 

食べ物を噛めば噛むほど唾液はたくさん出されます。

 

 

言い換えれば消化液がたくさん出てくることになり、お米やパンなどの炭水化物が消化されることになります。

 


この作用があるおかげで、消化時の胃腸の負担を軽減することが出来ます。

そのため普段意識することはあまりないと思いますが。

 

 

消化の役割がある唾液。

夜遅い時間には分泌が少なくなります。

 

 

夕食はできれば22時までに終えるのがよろしいです。

 

 

 

二つ目の習慣は

7時間以上の睡眠時間を取る

みなさんの睡眠時間はどれぐらいですか?

 

 

短い人もいれば、長い人と両極端いてると思いますが。

目安としては7時間前後の睡眠時間がグッド!です。

 

 

睡眠時間が特に短い人注意です。

短時間の睡眠は健子被害に影響がでます。

 

 

なぜ、短時間睡眠だとダイエットに不適切なのか。太るのか。

ホルモンバランスや自律神経の影響もあります。

 

 

睡眠時に身体の修復がおこなわれます。

 

 

日中、体が破壊された細胞は、睡眠中に修復されるため。睡眠がとれていないと、身体の再生がしっかりおこなわれず、回復できません。また寝てるときは副交感神経が優位になります。このときに内臓脂肪が燃えやすいためです。

 

 

なので、睡眠は7時間ぐらいは寝ましょう!

 

 

3つ目の習慣

自炊食

外食中心よりも自炊中心の方が健康上良いですよね。

 

 

ダイエットや痩せるとかだけでなく、健康面でも自炊の方がよいです。

もちろん、外食でも選べば問題ありませんが。

 

 

外食ではそういった選択は難しいことがただあるかと思います。

 

 

自炊の方が、食べ物の量などコントロールしやすく。無駄な物を食べることがなくなるため。

自炊する頻度を増やしましょう!

 

 

4つ目の習慣

よく噛む

よく噛むということは大事で。

 

 

食べ物を味わいながら噛むことで、満腹感があります。

 

 

また先ほど話しました、唾液に関係します。

 

 

消化作用のある唾液、唾液がでるということは、それだけの食べ物を消化しようとするため。

 

 

仮に唾液があまりでないと、身体はもう十分だからこれ以上、食べ物がいらないということです。

 

 

よく噛んで、食べ物を味わいましょう!

 

 

5つ目の習慣

好きな時間をつくる

 

 

これは1日の内に、少しでもいいので自分の好きな趣味の時間をもうけましょう。

8時間労働の人もいれば、23時間や10時間以上働いてるという人など様々ですが。

 

 

仕事をしているときなど交感神経が優位に働いています。

自律神経は交感神経と副交感神経の2つがあり、そのどちらも上手くコントロールできているといいですが。

 

 

仕事が忙しく長時間働いていたり、ストレスを抱えすぎるなどでは交感神経が優位な状態が長くなります。自律神経が乱れると内臓の代謝などの低下に影響がありますので。

 

 

副交感神経が優位な状態をつくるためにも、リラックスした時間や趣味の時間をつくるのがグッドです。

 

 

いかがでしたか?

 

 

まとめるとこんな感じです。

 

 

みなさんは5つの内

何個できていましたか。

 

 

これはダイエットの基礎だと思って下さい。

いろんなダイエット情報があるかと思いますが。

 

 

まずこれを習慣しないと、これはダイエット基礎だと思っていますので。

できていない人は、やってみてください!

 

パーソナルトレーニング ボディメイク ダイエット    コメント:0

ダイエットで筋トレよりも代謝を上げるためにやるべき【3つのルール】今よりも太りにくいボディメイクづくりを解説!

読了までの目安時間:約 10分

 

 

 

 

ダイエットで筋トレよりも代謝を上げるためにやるべき

【3つのルール】

こんにちは

パーソナルトレーナーの冨田です。

 

 

こんなこと言われたり。

聞いたことありませんか。

 

 

「筋肉をつけて基礎代謝を上げて、太りにくい身体をつくりましょう。そのために筋トレを頑張りましょう。」

こんなことをトレーナーがよく言うたりします。

 

 

実はこれは、部分的に嘘のことがあって。

嘘というわけでもないのですが。

無茶や言い過ぎの方があってますかね。

 

 

そのへんの解説

もしていきます。

 

 

では、本当に太りにくい、痩せやすい代謝の身体にするためにはどうすればいいのか。

 

といったとこまで解説しますので、どうか最後までご覧ください。

 

 

ぼくもトレーナー1年目のときは、言うてました。

太りにくい身体になりましょう。

筋肉をつけて基礎代謝あげましょうと。

言うてました。

 

 

いまとなっては、無茶だな。言い過ぎたなと。言うてしまった人にはごめんなさい。反省です。

 

 

筋肉をつけて基礎代謝を上げましょう

という部分的に嘘だということについて。

 

 

疑ったことはありませんか。

 

 

筋肉をつけて

太りにくい身体にほんとになるのか。

 

 

筋肉がつくと基礎代謝はあがるのか。

 

 

はい、これは

基礎代謝あがります。

 

 

ただ、思っている以上に

基礎代謝はあがりません。

 

 

まず、基礎代謝の内訳なんですが。

 

 

筋肉だけでなく。

身体の臓器がありますので、それぞれの代謝があります。

 

 

1番代謝が高いのは

肝臓になります。

 

 

2番目に脳

3番目に筋肉

4番目腎臓

5番目心臓

 

 

残りはそのための臓器になります。

 

 

1番高い肝臓が27%を占めます。

2番目が脳の19%

3番目の筋肉が18%となり。

筋肉は3番目となります。

 

 

全体の中で筋肉は18%しか占めないのですが。

 

 

筋肉をつけて基礎代謝をあげるということは、筋肉量が1kg増えた場合

基礎代謝はどれぐらいあがるのか?

 

 

どれぐらいだと思いますか?

 

 

基礎代謝13kcalです。

どう感じますか。

 

 

わすが13kcalしか増えません。

 

 

驚きませんか。

 

 

筋肉1kg増やすのにトレーニング頑張ったのに、13kcalしか基礎代謝はあがりません。

 

 

ネットの情報などで

筋肉が1kg増えると基礎代謝50kcalあがると書かれていたりしますが。

 

 

これは除脂肪量の話です。

 

 

除脂肪量が1kcal増えると、基礎代謝50kcal増えるという考えになります。

除脂肪量とは

身体の脂肪量を除いた分になります。

 

 

そのため、筋肉だけでなく。

 

 

内臓も入っている計算になります。

 

 

筋肉だと13kcalだと理解してください。

 

 

中には、基礎代謝が13kcalも増えるの?

 

と思う方もいるかと思います。

 

 

実際、筋肉1kg増やすのに

どれだけ難しいことなのか?

 

 

トレーニングを継続的にしている方は

わかるかと思いますが。

 

 

ほんとに大変な量です。

筋トレ初心者の段階では、比較的に筋肉量が増えやすいのですが。

 

 

ある程度、筋トレをしている方はなかなか筋肉量が増えなくなります。

 

 

ボディビルや体を見せるコンテストに出るような方たちが必死に筋トレ。

 

 

57回するような人でも、やっとちょっと増えたかなという程度のもの

です。

 

 

じゃあ、基礎代謝をあげるために筋肉をつけるぞという方法に。時間がかかるというのがお分かりでしょうか。

 

 

健康業界に多い

筋肉をつけて基礎代謝をあげましょう。ということがどれだけ大変なことか。効率が悪いことなのか。

 

 

嘘ではありませんが、、、って話です。

 

 

いま筋トレブームだったりしますが、女性の方であれば筋肉をつけるといっても。数キロも増やしていくのもおかしな話で。

筋トレする理由として、脚や腕を細くしたい。

 

お尻のたるみをとりたい。

 

お腹を凹ましたいなどが多かったりします。

 

筋肉量を増やしてごつくしたいわけではないはずです。

 

 

では、ここから代謝について

どのようにして代謝を高め、太りにくい痩せやすい身体にしていくのか。

 

 

気になる方もいると思いますので。

 

 

そのあたりも話ていこうかなと思います。

 

 

代謝というのは3つあります。

 

 

一つは基礎代謝

先ほど話しました。

 

 

二つ目、活動代謝

体を動かしたときの代謝。

 

 

最後3つ目は

食事誘発性熱産生

食事したときに体が消費してくれるカロリーになります。

 

 

筋肉の代謝は先ほど話しました。

 

 

基礎代謝の内訳として3番目の18%です。

 

 

1番高いのが肝臓なので、内臓が多くしめています。

 

 

内蔵をアプローチする方が基礎代謝を高めるにはいいというのが私の考えです。

では、内臓の働きはどんなことがあるのか。

 

 

消化・吸収・排泄

という働きがありますよね。

 

 

この3つの役割の仕事を、しっかりそれぞれすること。

 

 

例えば

内臓が処理しにくいもの体に入れる。

 

 

これは内臓としては、嫌な仕事になるわけです。

ジャンクフードやお菓子、油の多いもの、アルコールなど。

 

 

内臓の仕事に負担が大きくなります。

消化や排泄するのに負担がかかるということは、脂肪燃焼する代謝を低下するということです。

 

 

食材そのものを食べるのが一番、負担少なく済むかと思います。

 

 

よいものを体に入れてあげる方が、内臓も喜んで仕事をしてくれます。

 

 

これが一番、ダイエットとしてもやるべきことになります。

もちろん、お米を食べることやお肉を食べることも必要です。

 

 

間違えてほしくないのは、体にとって不必要なものを出来るだけ入れないようにしましょうということです。

 

 

内臓も栄養素でできているため、食べないという選択は、内臓の代謝が下がってしまいます。

必要なものをとるということです。

内臓の声を聞いてあげましょう。

 

 

2つ目の活動代謝

筋トレ、運動することにより活動代謝は高まります。

 

 

例えば

ランニングを301する。

これは200kcalほどの消費になります。

 

 

こういったランニングや筋トレでの消費で稼ぐというのもよいかと思います。

なので、継続的にできる運動がいいです。

 

 

筋トレやランニングなどの体を積極的に動かす活動

それと日常動作で消費する活動もあります。

 

 

基礎代謝は何もしていなくても消費されるカロリー

つまり、寝ていても消費されるカロリー。

 

 

活動代謝は、基礎代謝以外の活動全ての消費されるカロリーです。

 

 

なので、歯磨きしている。洗い物してる。掃除機をかける。通勤。これらも日常的に活動する代謝。

 

 

これも、活動代謝を高めるのに大事なことになります。

 

 

仕事時間が長くなり、日常での活動が下がっている人も多いかと思います。

エレベーターに乗るのではなく、階段を利用したりするといった。

 

 

日常のちょっとのことでも、積み重ねもよいかと思います。

 

 

3つ目の食事誘発性熱産生

これは食事したときに体が勝手に消費するカロリーのことです。

 

 

栄養素によって変わります。

 

 

炭水化物は6%

脂質4%

タンパク質30%

勝手に熱に変換される割合

これは勘違いしている人が多かったりするのですが。

 

 

お肉を食べたら代謝が30%高まる

そういったことではありません。

 

 

基礎代謝とはまた別です。

代謝の全体が30%あがるわけでなく。

 

 

脂質よりもタンパク質の方が、食事の中で体熱として消費されるということです。

 

 

もう一度言いますが、食べたらからといって基礎代謝があがるわけではありません。

 

 

もちろん、タンパク質を過剰に摂取するのはおすすめしていません。

 

ですが、比較的に多くとることをおすすめしています。

 

 

 

今日のまとめ

 

筋トレで基礎代謝を高めて太りにくい痩せやすい体づくりしましょう

ということに関しては

少し嘘の部分があります。

 

 

遠回りになることがあります。

代謝には3つありますので、それらを高めましょう。

 

 

一つ目の基礎代謝

筋肉をつけるのも大事だけど

一番は内臓の代謝を高める方が効率がよいということ。

そのためには、内臓が処理しやすいものを摂取すること。

 

 

2つ目活動代謝

筋トレやランニングすることはもちろんグッド!

それ以外の日常的な運動を少し増やすことの積み重ね。

3つ目食事誘発性熱産生

これはタンパク質をしっかりとることを心がけましょう!と思ってください。

 

 

ダイエット思考 ダイエット    コメント:0

クエン酸は疲労回復によい?実はとりすぎると・・・【健康ダイエット】大阪パーソナルトレーニング

読了までの目安時間:約 2分

 

 

 

 

 

 

【クエン酸は太る】

こんにちは

パーソナルトレーナーの冨田雅也です。

 

 

クエン酸という言葉は聞いたことありますか?

 

 

クエン酸は柑橘類などに多く含まれています。主にレモン、みかん、梅干しなどの酸味、すっぱい成分です。

 

 

よく疲れたときにすっぱいものといい、疲労回復によいとされています。

運動などの疲れ、乳酸を分解するクエン酸。

それはクエン酸のメリットです。

ですが、このクエン酸のデメリットは知っていますか?

 

 

これは身体のエネルギー代謝についてしっかり勉強している方なら知っているはずですが。

 

 

グルコース(ブドウ糖)を摂取していれば、体内でクエン酸は作られます。

 

 

ですがクエン酸を摂取した場合、体内でクエン酸が余り過ぎると中性脂肪へと変換されます。

 

 

つまり普段からご飯をしっかり摂取しているのなら、体内でクエン酸は作られます。

 

 

そのためサプメントでもクエン酸などを摂取すると体内で余っちゃいます。

なので、普段からご飯をきちんと食べている方なら必要のない物です。

 

 

疲労回復によいとされていますが、体内ではしっかりクエン酸が作られる仕組みになっています。

 

 

もちろんクエン酸を作る工程で、ご飯だけでなくビタミン類も必要になりますが。

 

 

わざわざ、クエン酸を摂取する必要はないというのが私の考えです。

 

ダイエット    コメント:0

【ダイエット】1日何食が適切か?1日1食はダイエット失敗する 大阪パーソナルトレーニング

読了までの目安時間:約 2分

 

 

 

 

13食の理由」

こんにちは

パーソナルトレーナーの冨田雅也です。

 

 

ダイエットに限らず

13食という方から、1食や2食という方もいます。

結局は1日何食が適切なのか。

 

 

私たち人間の身体は、栄養素から作られています。

食べ物からその中の栄養素をとることでなりたっています。

 

例えば 

脳や筋肉からも消費されるため1日なにも動かなかったとしても、糖分は消費されます。

 

一日でこの必要量の栄養素を摂取するのに、11食では物理的に不可能なのです。

人間は車と違って、ガソリンというエネルギーを大量に貯めておくことができません。

 

 

10食べて

10栄養吸収

される訳ではありません。

 

 

 

なので

私は3食をおすすめしています。

 

 

人それぞれ身体の必要量は違いますが最低量すら確保できていない食事の話をよく聞きます。

 

 

1食で足りるという方は、かなり代謝が低いかと思います。

そういった方がダイエットととなると難しいでしょう。

3食食べている方よりも1食の方は代謝の低下がより落ちます。

 

 

あなたはプリウスのような低燃費のカラダか。

燃費の悪いアメ車のようなカラダ

どちらがいいですか?

 

 

たくさん食べて、たくさんエネルギー消費する方がよくないですか。

 

 

代謝が低いより高い方がいいですよね。

 

 

1食では身体に弊害が起こります。

人それぞれ必要量は違いますが、物理的に1食ではカラダが持ちません。

 

 

ダイエットだけでなく健康のためにも3食の方がいいという理由でした。

 

ダイエット    コメント:0

【自粛太り】コロナ太りは安心して!体重が増えたのは体脂肪なのか?【ダイエット】

読了までの目安時間:約 2分

 

 

「自粛太り」

自粛期間で体重が増えた方もいるのではないでしょうか。

私は増えませんでした。むしろ筋力が落ちたため。

お正月などは増えたりします。

 

 

でも、あまり気にしません。

 

 

なぜなら、いつもの習慣がはじまれば元に戻るから。

 

 

体重の構成としては

筋肉や脂肪、骨、内臓、水分など

水分は結構な割合です。

 

 

体重が増えると

筋肉が増えた

脂肪が増えた

このどちらかを考える方が多いかと思います。

 

 

でも、実際は

骨が強くなったことで増えている場合もあります。

 

 

血液が増えている可能性もあります。

 

 

組織液など細胞がしっかり作られていることも

様々な考えから考えてみると

体重が減るのは

本当に脂肪が減っているか

わかりませんよね。

 

 

なので、しっかりと

自分の体を見ること

触ったりすること、つまむことなどで確認するのがいいと思います。

要は見た目です。

 

 

あなたも体重よりも見た目が気になっているのですよね。

体重は人に言わないかぎりわからないですもんね。

 

 

普段体重が一定だったのに、自粛で体重が増えたのであれば。

また同じような習慣に戻せば体重も戻ってきます。

 

 

ほったらかしにせずに、また同じ行動をしていきましょう。

 

 

体重が増えたのは、ほんとうに体脂肪なのか。

体重が減ったのは、ほんとうに体脂肪なのか。

気になる箇所の脂肪を摘んで指標にしましょう。

 

ダイエット    コメント:0

自律神経が乱れているとダイエットできない!痩せにくい太りやすい人の共通点【自律神経とダイエット】

読了までの目安時間:約 3分

 

 

 

「自律神経とダイエット」

こんにちは

パーソナルトレーナーの冨田雅也です。

 

 痩せない。

ダイエットして運動もしているのに痩せない。という方。

もしかしたらその悩み解決するかも知れませんので、最後までご覧下さい。

 

 

自律神経

人間の体内には無数の神経があります。その中で、内臓の働きなどを調整してくれるのが「自律神経」です。自律神経が乱れると心や体にさまざまな支障が出ます。

 

 

食べた物を消化するとき

自ら消化しなさいとコントロールしてますか。そうではなく勝手に消化されますよね。

 

 寒くて体が冷えているときカラダが勝手にブルブルと震えて、体を温めようとします。

 

 

自律神経には交感神経と副交感神経の二つあります。

 

 

ダイエットでは

ストレスにより交感神経が優位に働き続けます。

 

 

食べ物を消化するときは、副交感神経を優位に働きます。

 

 

つまり

 

 

ストレスで交感神経ばかり働いていると

胃腸などの内臓の代謝は低下します。

 

 

知っていましたか。代謝をあげるために筋肉をつけようと言われていますが。

筋肉よりも内蔵の方が倍もの代謝が高いのです。

 

 

結果

自律神経が乱れるとダイエットに影響が起こります。

 

 

では、どうやって自律神経の乱れを整えるのか。

 

栄養について対策を行います。

 

栄養は五大栄養素が大事になっていきます。

 

 

人それぞれ、必要な量が違います。

もし上手くダイエットがいかなくなってしまい、体脂肪を減らし続けたいのなら、自律神経のことも考えること。

 糖質制限をしていると、交感神経が優位になっていきます。

 

身体の栄養が満たされないと

交感神経が優位になります。

すると先ほどのように、内臓の代謝は低下し上手くダイエットできなくなります。

短期間では痩せるけど、長期的にダイエットが続かない方は。この自律神経が上手くコントロールできていないかもしれませんね。

運動も食事制限もしているけど、体脂肪が落ちない。代謝が落ちたと感じる方。

考え直してみてください。

 

 

ダイエット思考 ダイエット    コメント:0

【脚痩せセルライト】マッサージやセルライト潰しは意味がない【根本的解決方法】エステでは落ちない

読了までの目安時間:約 1分

 

脚痩せセルライト

脚痩せしたい方はセルライトを改善することが必要になります。

セルライトはマッサージをしても根本的には改善されません。

セルライトの原因は2つ 食事と運動が必要です。

運動でも正しく体を動かさないと、皮膚と筋肉が癒着し。

脚が太くなる原因にもなります。

 

 

 

 

YouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCVQ87n4Xzp3AVEmpJiSUeHg?view_as=subscriber

 

脚痩せ・美脚づくり ヒップアップ パーソナルトレーニング ボディメイク ダイエット    コメント:0

【ダイエット】糖質をとったら太った!糖質をとっても太らないのに!【なぜ太ったのか?】

読了までの目安時間:約 1分

 

糖質をとっても太らないが。

ダイエット中で糖質をとったら太ってしまった理由を解説。

 

 

 

 

YouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCVQ87n4Xzp3AVEmpJiSUeHg?view_as=subscriber

 

パーソナルトレーニング ダイエット思考 ダイエット・食事 ダイエット 食事    コメント:0

【筋トレ後の食事ダイエット】吸収しやすく脂肪になりやすい?【パーソナルトレーナーが解説】

読了までの目安時間:約 1分

 

質問がありましたので回答します。

運動後のご飯は全部吸収して脂肪になりやすいのか?

 

 

 

YouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCVQ87n4Xzp3AVEmpJiSUeHg?view_as=subscriber

 

パーソナルトレーニング ダイエット 食事    コメント:0

【太る方法・太るもの】最短で体脂肪がつくもの【太りたい方必見】

読了までの目安時間:約 1分

 

身体の仕組みは決まっています。

 

食べれば太るものがあります。

 

何を食べれば最短で太るのか。

 

太るものをご紹介。

 

ぜひ、太りたい方。

 

ダイエットで太りたくない方。

 

解説していますので最後までご覧ください。

 

 

 

YouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCVQ87n4Xzp3AVEmpJiSUeHg?view_as=subscriber

 

ダイエット思考 ダイエット・食事 ダイエット 食事    コメント:0