大阪 梅田 下半身痩せ パーソナルトレーニング ダイエット

脚の悩み専門パーソナルトレーニングwisdom梅田【大阪】

便秘には食物繊維がいい?

読了までの目安時間:約 2分

 

大阪で活動しているパーソナルトレーナー冨田です。

よく便秘に悩まされる女性は多いのではないですか。

女性に限らず、男性にも便秘を持つ人が多いと思いますが。

便秘にはよく食物繊維がいいと聞いたことはあると思います。

本当に食物繊維がいいと思いますか?

便秘と言われる状態には、腸の働きが起きていない状態ですね。

当然、原因があります。

栄養不足や血行不良などがあげられます。

食物繊維はカラダに吸収させることはできません。

なので、摂取すると便秘が解消するよりも、悪化してしまうことがありますよ。

どうしたらよいのかと言うことですが、まずは血流を改善していきましょう。

腸には脳の指令を受けることなく働きます。

そのエネルギーである血液を供給することができれば、栄養分の吸収、不要なものを排泄してくれるようになります。

もうひとつ言うと、良質な油脂を摂ることですね。

腸の運動に必要になります。

腸の働きは人間のカラダに大切なとこです。

カラダを機能させるのには、腸の機能も重要です。

腸の状態は健康を左右することもあります。

常に良い状態にすることが望ましいですね。

 

タグ :

その他    コメント:0

カラダ、内臓の痛み

読了までの目安時間:約 3分

 

大阪で活動しているパーソナルトレーナー冨田です。

たまにお客さんがストレッチ中に聞かれることがあります。

「これって胃が悪いの?」「これは肝臓が悪いの?」といった会話があります。

内臓が発する痛みには確かにありますね。

しかし全てがが内臓からの痛みに直結されるわけではありませんが、内臓は筋肉の痛みと関連性があります。

おおまかに言いますと、カラダを動かしても痛いものは筋肉から発する痛みであります。

逆に安静してて痛いのが内臓からの痛みです。

当然、例外はありますので判断されるのは専門家にお任せした方がよいでしょう。

カラダの仕組みですが、心臓から酸素と栄養を持った血液が心臓のポンプ作用でカラダ全身にいきわたり、筋肉や内臓などの組織に与えられますね。

これは動脈の作用です。

筋肉や内臓などで代謝された老廃物を静脈に入れて排泄されます。

これが静脈の作用ですね。

ここの静脈の作用は大切ですが、圧迫に弱いです。

老廃物を含んだ血液が逆流しないように弁がついてます。

なので、老廃物を静脈に詰め込まれても、運搬する力がないです。

そのために必ず筋肉の間を走行され、筋肉の収縮を利用し老廃物を運搬していますよ。

ふくらはぎは良く第二の心臓と聞くと思います。

実はふくらはぎだけではなく、カラダ全身の筋肉がその役割を担っていますね。

カラダを動かすことは、健康で美しく元気で生活するのに必要だと私は思います。
人間も動物です。
カラダを動かしてカラダが機能されるようになっています。

そして、筋肉だけではなく内臓も同じですね。

内臓の老廃物も筋肉が作用すると運搬されますが、このときの筋肉の状態が悪く硬くなってしまっていると静脈は圧迫され老廃物が運ばれにくいです。

筋肉が硬くなっている周辺にある内臓の代謝が悪くなるので、内臓も悪くなってきます。

内臓も血液の代謝が豊富な場所ですよ。

カラダを良く機能するためには、正しい食事を摂りよい血液を作りましょう。

老廃物を代謝させるのにカラダを動かすことも大切に。

 

 

 

タグ : 

その他    コメント:0

サウナで痩せる?汗をかくと痩せる?

読了までの目安時間:約 2分

 

大阪で活動しているパーソナルトレーナー冨田です。

汗を分泌するということだけでも、多少のカロリーは消費されますので、そこに誤解があるかも

おそらくみなさん知りたいのは、長期的に見たときに体重が減るのか?ということですよね。

サウナに入ると汗をかくため、体内の水分が減少します。

そのため、一時的ですが体重は減ります。

しかし、水分を失った状態のままでいるのはよくないので、カラダは積極的に水分を取り入れようとします。

なので、水を飲むと体重はサウナに入る前の状態に戻ってしまいますね。

階級別のスポーツでは、計量前に一時的に体重を落とさなければいけない場合があります。

そこでサウナを活用されることもあると思います。

ただ、過酷な減量後にサウナに入ってさらに汗を絞り出すのはあまりいいことではないと思います。

計量後にはしっかり水分を補給しておく必要がありますね。

パフォーマンスのことを考えると、無理な減量をせずに計画的なウェイトコントロールがいいと思います。

サウナで痩せようとするのは、基本的に正しくないと言えますが、汗をかくことによって代謝が活性化されるという効果はあります。

汗腺の働きを高めて汗をかき、その後その働きを治めるということを繰り返すのは、カラダに良い刺激です。

普段からあまり汗をかかない人は、それを続けて汗腺そのものを活性化することは重要ですね。

それにより、日常的に代謝がよくなり、結果としてダイエットにプラスになる可能性もあります。

汗腺が活性化されると、さっぱりした感じがして精神的にも好影響があるかも知れません。

 

 

 

タグ :

その他    コメント:0

ざまざまな情報に惑わされるな

読了までの目安時間:約 3分

 

大阪で活動しているパーソナルトレーナー冨田です。

一般的に食の情報は、制限や禁止事項が多く「節制するほうが健康・美容に良いのだ」というイメージがありますか。

特定の食材や成分を「悪者」扱いし、否定したり、避けたりという考え方が主流

高カロリーな食材は太るため、カロリーを控える

炭水化物は太るため、お米は食べない

血糖値を上げないように糖質を制限する

油を使った料理はカラダに悪い

添加物は危ない

砂糖はカラダに悪い

農薬は危険

塩はカラダに悪い

外食はカラダに良くない

お酒は飲まないほうがいい

肉はカラダに良くない

などなどいろいろとありますね。

逆に「○○が体に良い」という情報で、そればかり食べてしまうという方も多いのではないですか?

書店にいくと、健康に関する書籍のタイトルや雑誌に「○○を食べると危険」「○○がカラダに悪い」といった言葉があふれ、リスクを強調され、不安をあおりますね。

結果、「これは控えて、これは我慢しなければ」という人が多いでしょう。

健康になろうと頑張って食に気を遣っているのに、それがかえってストレスになっている逆効果だと感じませんか?

また、そのストレスで「また食べてはいけないものを食べてしまった]と落ち込んで自分をダメ出し。

毎日がこの繰り返しだと自分に自信が持てなくなりますよね。

それと毎日が楽しくなくなってしまいます。

健康や美容のため、いろいろなことを我慢し制限する必要があると思われがちですがちです。

その逆で、私は我慢をしないのに、おもしろいほどにうまく成功するという実例も見てきました。

食というのは本来楽しいものであります。

好きなものを食べれば幸せな気持ちになりますよね。

それなりに食生活を難しく考えて、「もっと頑張らないと」とストレスになってしまうなんて、本当にもったいないなと思います。

 

その他    コメント:0

生まれ持った体質のせいばかりにしていませんか?

読了までの目安時間:約 2分

 

パーソナルトレーナー冨田です。

みなさんカロリーは悪者扱いしていますが、悪者ではありませんよ。

カロリーは悪者ではない

カロリーは自分たちのカラダの燃料になります。

そのため制限するより、ちゃんととって燃やしていくことが重要です。

しかし残念なことに燃えにくいカラダになっている人が増えてきていますね。

「私が太ってしまうのは体質のせい」と諦めている人は多いのではないでしょうか。

現在のあなたの体質は、先天的な遺伝によるものだけではなく、後天的なあなたの生活習慣と考え方に大きく影響されています。

生まれ持った遺伝的な体質は変えられないのが多いかも知れませんが、生活習慣考え方は、あなた次第で今からでも変えることができます。

まずは、意識や行動を少しでも変えてみたりはしませんか。

ちょっとしたことからでも大丈夫です。

毎日の生活はあなた自身を作っているのです。

明日すぐに大きく変わっていることはできませんが、数か月後、数年後には驚くほどの違いが出ますよ。

少し先の未来の自分のため、意識を変えてみましょう。

さらに良い結果を出すカギは、「毎日楽しみながら継続すること」。

不安感、疑いの気持ちが持っていると結果が出にくくなってしまいます。

楽しいことは誰でも続けられますよね。結果も出やすくなります。

 

タグ :

その他    コメント:0

健康診断の結果がすべてではない

読了までの目安時間:約 2分

 

パーソナルトレーナー冨田です。

みなさん健康をチェックするために健康診断や人間ドックを受けられる方が多いはず。

けど「健康診断の結果で異状がない」「数値が正常範囲でした」と「ココロとカラダが元気なこと」は必ずしも一致しているとは限りません。

数値に異常がなくても健康診断で良い状態であるとはいえないかも

体力がなくて疲れやすかったり、だるかったり、カラダの冷えを感じる、肩こり、腰痛、便秘、肌荒れなど、健康診断では病気と判断されないような症状です。

それはカラダの不調のサインです。

健康であるには精神的な安定も欠かせませんね。

ですので、心の状態もチェックしていただきたいです。

心の状態は数字で表しにくいので、より自分の感覚を意識しなければなりません。

不安感、気持ちの落ち込み、イライラ、怒りっぽい、やる気が出ないなどありますか?

健康診断の数字だけではなく、毎日自分が元気であるか感じることも意識するといいですよ。

朝起きたときの感覚で元気という観点で少しチェックしてみてください。

 

○朝目覚めがよく、熟睡間がありますか

○昨日の疲れの残り、カラダのだるさや重さを残していませんか

○手や足、顔のむくみはありませんか

○気分が前向きでいい気分、今日も頑張れるという感じはありますか

○お腹が空けばお腹は鳴りますか

○胃もたれはありませんか

○便がスッキリ出ていますか

 

チェックが多いと元気な証拠ですよ。

今日のあなたはココロとカラダ元気ですか?

 

 

タグ :

その他    コメント:0

1 26 27 28