大阪 梅田 下半身痩せ パーソナルトレーニング ダイエット

脚の悩み専門パーソナルトレーニングwisdom梅田【大阪】

高血圧のお話② 大阪・心斎橋・なんば パーソナルトレーニング

読了までの目安時間:約 2分

 

・症状はカラダの警告

アナタに突然いろいろな出来事が襲いかかったとします。

問題解決のため

カラダは動かし

色んな事を考え

脳とカラダ中には

血液をいっぱい届けないといけません。

脳の命令で

心臓が頑張って血液を押し出し

結果、脳やカラダ中に血液が届く。

血圧が130→140と血液が上がっても正しいのですよ。

血液の量が届き

血液のなかみ、酸素などの栄養が足りないとします。

心臓がさらに血液を押し出します。

血圧が160→180→190...

これ以上は無理だと判断し

頭痛や吐き気など

手や足などの動きをストップさせ

動いてはいけません!って

脳から警告します。

症状はカラダの警告!

血圧が高くなると

すぐに薬を飲む。

薬で下げると

栄養はより足らなくなります。

活動量は控えめにする方がいい。

薬でよい血圧の数値になったからといい

運動したらいいと思っている人いますが

じっとしている時よりも

運動すると脳やカラダ中の栄養を送る必要性が上がります。

薬で飲んで下げると

血圧は上がらないので

栄養はより足りなくなってしまいますね..

降圧剤は血の巡りを悪くする。

虚血を促進する。

年をとると動脈が挟まり

血流が悪くなるので

カラダは血圧を上げて末端まで血液を送ります。なので高血圧となります。

このときに血流を改善することなく

薬を使用すると....

もうお分かりかと思います。

次回で最終!

パーソナルトレーナー冨田雅也

 

タグ : 

その他    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: