大阪 梅田 下半身痩せ パーソナルトレーニング ダイエット

脚の悩み専門パーソナルトレーニングwisdom梅田【大阪】

健康を考えてダイエットするのはブドウ糖は必須 大阪 パーソナルトレーニング 梅田

読了までの目安時間:約 2分

 

何を食べたらいいのか。お米、ご飯です。

ご飯ばかりでは飽きてしまうようであれば、パンや麺類、芋などでも大丈夫です。

果物に含まれる糖はには、ブドウ糖が少なく、果糖が多いので気を付けましょう。

 

 どのぐらい必要なのか。脳は1時間に5グラムのブドウ糖を使います。なので1日にすると120グラムのブドウ糖を使います。それ以外にも、身体中の粘液の材料や関節、筋肉などとしても使われるので、脳以外に60120グラムは必要です。

 

120グラムのブドウ糖はお茶碗3杯分のご飯に相当します。残りの60グラムは、野菜などのおかずから摂れるといいです。

 もし、ブドウ糖が足りないとどうなるのか。血糖値は、0(ゼロ)になりません。一切何も食べなくてもです。

 

しかし、怖いことが身体に起こります。糖新生(とうしんせい)聞いたことある人もいるかと思います。

「糖を・新しく・生む」生命活動には最も大切な脳。そのためには大切なタンパク質を壊して、ブドウ糖を作ります。

 

 タンパク質は水と一緒に存在します。筋肉が1キログラムなくなると、体重は34kg落ちると言われています。

 

なので筋肉が減ると体重は一気に落ちます。ただ、見た目は最悪、体は悪循環となっていきます。

 あなたがやっているダイエットは、大切な筋肉を無くしていませんか?大丈夫ですか?

健康になるための方法は糖質制限ダイエットではブドウ糖以外の余分な糖を制限するのは、良いことです。

生きるために必要なブドウ糖を、正しく食べてダイエットしましょう。

 

ダイエット思考 ダイエット・食事 ダイエット 食事    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: