大阪 梅田 下半身痩せ パーソナルトレーニング ダイエット

脚の悩み専門パーソナルトレーニングwisdom梅田【大阪】

いい姿勢は太ももの張りもなくなる

静的でいい姿勢

動的にいい姿勢

どんな動きをしても、立った時にはいい姿勢であるか。

トレーニング後でも姿勢が変わらない、崩れれいるということは、アンバランスにトレーニングしてしまっています。

それではカラダはいい姿勢にならない。

スクワットなど動きの中で余分な動きなしで、いい姿勢で安定させる。

いいポジションは安定性がある。

安定すればいい姿勢も作りやすくなる。

動的にいい姿勢は
安定と動作が同時に存在し、動きながらでもパワーが出る姿勢を示します。

いい姿勢でのトレーニングは、全身の筋肉の動員量が上がり、消費カロリーも増大。

繋がる動きは止まったり、余分な動きが動作中にない状態。

これがないと怪我の確率が増大。

太ももの張りは繋がりが途絶えた状態なのです。